島の天気 (^_^;)

島の天気を7日先まで予報する週間予報には無理がある。

一言で言って冗談だ。

 (; ̄ー ̄A

前日の予報で、まぁ気休め?

 σ( ̄∇ ̄;)

当日朝の天気予報には、はっきり言って悪意がある。

 ( ̄ー ̄)

昨夜の予報では今朝は夜明け前から雨だった。

「ま、ゆっくり寝てましょ」

8時過ぎて起きてみると曇り空。

夜に降った様子もない。

「油断させようとしてますね」

 ((φ( ̄ー ̄ )

今回、もう3~4回騙されている。

しかし朝飯をゆったり食べて、まったりしていると… 昼になってもまだ雨は降りださない。

「ちょっと行きますか?」

島の南、伊仙町の前泊漁港へ。

「また騙されるんですかね?」

まんまと騙された。

 ( >Д<;)

20kmちょっと、30分ほどのドライブで前泊漁港に着いたとたん… 雨が降りだした。

「小雨ですよ」とAK柴はたちまちズブ濡れに。

AK柴は頑張って ( 意地で ) ミノーを投げ、エギを投げるも雨は本降り、吹き降りにと強まる一方だ。

車のハッチバックドアの下に何するでもなく佇む親爺ふたり。

港に着いてからの1時間のうち、45分間は雨宿りしていた。

「馬鹿な人たちねぇ」

海坊主には、片頬を緩め、左の唇のはしを少しだけキュッと上げた性悪な女神の姿が確かに見えた。

思わず海坊主は呟いた。

「も、もっと汚ない言葉でオレを罵ってくれぇ~…」

すると雨が小降りに、確かにひととき小降りになったではないか!

AK柴はすぐさまミノーを投げ始める。

海坊主は気乗り薄ながらも、お付き合い程度にとグラブを持ち出し、漁港堤防下の岩陰を探ってみた。

するとなんと!海坊主にとって6日振りになる20cmのニバイをゲ~~~ット!

美しい、麗しい、ナイスなニバイ20cm。
O(≧∇≦)O 超嬉しす!(((o(*゚∀゚*)o)))

海坊主の脳裡に、右の頬にも笑みを浮かべた女神の姿が… !

海坊主は思わず呟いた。

「じょ、女王様と呼んでいいですか?」

すると海坊主の耳にこんな言葉が。

「良くってよ」

20cmのニバイを捌いてみると立派な肝も。小さいながらも頑張ってお造りにした。

この何物にも代えがたい貴重なニバイを女王様に捧げます。

 ((o(^∇^)o))

   海坊主

魚いない歴4日目 (@_@)

天気悪い。

雨降る日多い。

ずっと風強い。

でも、やっぱ、魚がいない… 。

今朝は久しぶりに雨もなく、若干元気もありで、夜明け前の南川漁港へ。

魚っ気なし。

帰りがけに花時名漁港へ。

満潮直前の花時名漁港は水位が岸壁いっぱいいっぱいにまで。

同様に魚っ気なし。

干潮時、AK柴お昼寝中に海坊主は花時名のリーフへオカズ釣りに。

やはり結構な風が吹き付けていて、釣りにくい。

おまけにガビガビゲテゲテのリーフに痛め付けられて、シューズのソールが剥がれ始めた。

左足の踵から剥がれ始めて、段々爪先に進んで、さらに右足のソールが剥がれ始めた。

 (@ ̄□ ̄@;)!!

やばい!

ガビガビゲテゲテのリーフはとても裸足では歩けるもんじゃない。

最後はTシャツと短パンを足に巻いて、パンツ一丁で戻るっきゃないかと。

 ( >Д<;)

なんとかかんとか漁港までの数百m 持ってくれたソールにはただただ感謝!

今回すでにシューズの破損3足目!

海坊主、手ぶらで帰るのもなんなんで、アオサをせっせと採取。

せっせ、せっせ!魚のフック外しより気合いが入る。
ほーれ、この通り。大漁じゃー。

夕方、休養十分のAK柴は日没の松原漁港のヘチを攻めて花徳水産4日振りの漁獲、ニバイ19cm ゲット!

おおー。久々のまな板ショー。
珍しや、タコ食ってる。

同じく日没直後、海坊主も漁港出入り口の駈け上がりでペンシルベイトを引き続けていると…

バシャッ!

((o(^∇^)o))

「来たっ!」

グググンッ!

O(≧∇≦)O

「もらった!」

プル~~~ン…

m(。≧Д≦。)m

「終わった…」

お疲れ様。

帰り道、アマミノクロウサギをなんとなんと!5匹も目撃!

明日からの運気上昇の知らせか?

ま、いいや。

σ( ̄∇ ̄;)

採れたて、揚げたて、アオサの天婦羅でグビッ!

o(*⌒―⌒*)o

   海坊主

暇ネタ? σ( ̄∇ ̄;)

サトウキビ収穫期真っ盛り。

コンバインがワシワシがりがりサトウキビを刈り取っていく。自動的に20~30cmにカットされて大きなネットに詰め込まれる。

島中サトウキビ満載のトラックが走り回って、落とし物しまくり。

サトウキビ満載トラック。でもこれはまだおとなしい方。

海坊主、落としたて新鮮なのを拾う。

禰豆子のマネ。( ̄∇ ̄*)ゞ

毎晩翌日の夜明け前に行く釣り場を相談する。

潮廻り、日の出の時間、これまでの実績などなど。

山漁港砂浜中央堤防は実績NO.1だが暗い内でないと。昨日は大潮の満潮と日の出がシンクロ。勇んで出掛けたが… ややうねりが高く、堤防が波被りになり、帰れなくなった。
  (@ ̄□ ̄@;)!!

ここんとこ次のような一言で締めくくっている。

「天気が良くて元気があったら…」

先週までは連日北寄りの風が強くて、気温も(島の)冬並みに冷え込んだりした。

この格好!嬉しかったけど寒かった。(((^_^;)

結構雨になる日も多かった。

今日は日中雨予報。昼になっても降らないので、ついさっき湾屋川に出かけたが… 黒雲モクモク、あっという間に土砂降り!パンツまでグショグショだぁー!
  ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

たまの晴れ間にリーフに出ても風が強くて、なかなか思うようにオカズ釣りもできない。

こんな格好でリーフでオカズ釣り、できたのはここまで2回くらいか?

あれ? 海坊主、ここまで捌いた魚は… ギンガメアジ2匹、オコゼ1匹、カマス1匹、ニバイ5匹?

この他にはノンキーのリリースサイズのニバイが5~6匹釣れたのかなぁ?

このまま史上最低の漁獲に終わった昨年の二の舞になるのか?

 ┐( ̄ヘ ̄)┌

いや、そんなことはない!

ミノーを追って来る大型ヒラアジも見た!

グンッというアタリや、グググッというアタックも数回あった。

ピチャピチャ水面を蠢く小魚の群れも ( 追われる様子はなかったが… ) いた。

去年よりは魚っ気がある。

きっと釣れる!

 ((o(^∇^)o))

釣れるんじゃないかな?

 σ( ̄∇ ̄;)

釣れるといいなあ…?

 ( ̄ー ̄)

   海坊主

SZ木 島を去る (^-^)/

徳之島ゲスト滞在史上最長の12日間。

チーム徳之島、横浜在住のSEI田とのオンライン宴会。このセッティングはSZ木が担当。

今回は往路から3人だった。

恒例、庭のウッドデッキで七輪バーベキュー。

一年前に続いて花徳水産の滑り出しを大型ギンガメアジで飾り、歓迎の宴を自ら盛り上げた。

 ( ̄∇ ̄*)ゞ

怪しい親爺の3人組は島中を走り回った。

水揚げはギンガメアジ47cm、オコゼ22cm、ニバイ21cm、18cm、15cm、の5匹。

今や赤平水産改め、花徳水産の大黒柱だ。

 O(≧∇≦)O

昨夜は恒例サンセットリゾートでのお別れ宴会。

東シナ海に沈む夕陽を露天風呂から眺めて… のつもりが曇りで、露天風呂も閉まっていて、これはできなかったが。

恒例、黒豚しゃぶしゃぶ。これは肉も野菜もお代わりの2枚目。〆の雑炊で腹パンパンだ。

後は翌朝最後の釣りで有終の美を飾るだけのはずが… 。

帰りの雨降りの暗路の舗道に乗り上げてパンク!

 ( >Д<;)

夜の雨の中でのタイヤ交換でヒイヒイ!

!Σ(×_×;)!( >Д<;)(@_@)

おまけにあろうことか、今朝はせっかく早起きして夜明け前の南川漁港に行ったのに、強風に加えてだだ降りの雨が!

撤収ーーー m(。≧Д≦。)m

結局SZ木のラストフィッシュは昨日花時名のリーフで釣ったノンキーのニバイ15cm ということになった。

海坊主と離れていたSZ木は自力でフックを外し、さらに生魚は触れないのにリリースにも成功したという。どんな苦労をしたのやら、SZ木は多くを語らなかった。

あ、最後の花時名リーフで帰りがけに生アオサを採ったんだった。これが最後の ( 漁獲ではないが ) 収穫だ。

今朝の生アオサ味噌汁、美味しゅうございました。m(__)m

締まらないラストになってしまったが、これに懲りずにまた来てねっ!

 o(*⌒―⌒*)o

猛威を振るうコロナウィルスと乱れ飛ぶ花粉の待ち構える東京へと帰って行くSZ木… 。

 σ( ̄∇ ̄;)

我々は遠く徳之島の空の下から幸運を祈ってます。

 ((φ( ̄ー ̄ )

   海坊主

おおっ!キープサイズ!o(^o^)o

今朝はニバイの煮付けが食えずに寂しい思いをした海坊主。

昨日は21cmのニバイをゲットして、リーフの釣りに意欲満々のSZ木とともに干潮の花時名のリーフへ。

遥か水平線に奄美大島を望む花時名リーフ。タイドプールを釣り歩く、まさに南の釣りの醍醐味だ。

ここ一番!の海坊主、キープサイズを大幅に上回る ( 結構謙遜? ) 28cmのニバイゲ~~~ット!

  O(≧∇≦)O

「 もんだどんだい! 」やや興奮気味の海坊主である。

湾屋川の37cm、花時名漁港内の29cmに次ぐ、海坊主ニバイ歴代3位の記録だ。

 o(*⌒―⌒*)o

恒例のまな板ショー ( ̄∇ ̄*)ゞ

これはもう、お造りに。

う~~~ん、刺身たっぷり!

   海坊主

10日目にして… ( ̄∇ ̄*)ゞ

AK柴ついにやっとようやく初の漁獲!

今朝の出だしは悪かった。

大型ヒラアジの期待十分で勇躍向かった山漁港砂浜中央堤防。

夜明け前の大潮の満潮時だけに若干の不安があったのだが… σ( ̄∇ ̄;)

悪い予感ほどよく当たるもので。

先行したAK柴のヘッドランプの灯りが戻って来るではないか。

「堤防、波かぶってます!」

手前側の一段低い堤防は大潮の満潮時にはほとんど海面ヒタヒタ状態になり、ちょっと波が高いと足首くらいまで波被りになるのだ。

海坊主などは、波のタイミングを測ってチャチャチャッと渡ってしまえばいいと思うのだが… ま、そーもいかんか。

急遽松原漁港に転進!

6:10am 着。

あー… !Σ(×_×;)! 夜明け間近で着々と明るくなっていく中、一生懸命ミノーを投げ続けるが、魚はいない。

そんな中で、AK柴だけは粘った。

ミノーリトリーバーであり、エギンガー Z になったAK柴は、かつて2~3年前にはヘチフェチでもあったのだ。

グラブで漁港内の岸壁足元をチョチョッと誘い… ニバイ19cm ゲット!

花徳水産ベテラン意地の一本!待ってました!

七つの顔を持つ男。

ん~~~… ((φ( ̄ー ̄ ) 奥行きの深い引き出しを幾つも持っている。 ( 奥が深いので裏は薄いらしい )

昨日のSZ木のニバイ21cm とともに煮魚朝定食に。

右の21cmのニバイがSZ木ので、左の19cmがAK柴ので、キープサイズのニバイを釣っていない海坊主の分は上の冷凍ヒラアジのあら煮。47cmと40cmの2匹分あるので食べ応えは半端なかった!
ギンガメアジ47cmと40cmのあら煮 before 。ゲストのゴンザレス (オコゼ) は昨夜の宴会で先にいたたきました。

あああ、朝から満腹、満足だぁ~… 。

 (((o(*゚∀゚*)o)))

   海坊主

AK柴変身!O(≧∇≦)O

ミノーリトリーバーAK柴はひたすらミノーを引き倒し、これまで10年以上ひたすら釣り続けてきた。

しかしお気付きになっただろうか?ここまで全くAK柴の写真が無いことに。全く釣れていないことに。

AK柴は変身した。

イカが釣りたい。イカを食べたい。

○○の一念でエギを投げ続けている。

シャクリ!シャクリ!シャクリ!

「7割方エギ投げてますね」

となるとミノーリトリーバー転じて… エギシャクラーか?

んー… 語呂悪っ!

 σ( ̄∇ ̄;)

んー… ん? そうだっ!

” エギンガー Z ” はどうだ?

強そうだし。

釣れそうだし?

あと2週間… 釣れるのか?

嗚呼… 黄昏のエギンガー Z 。
 ( ̄∇ ̄*)ゞ

   海坊主

SZ木快調!p(^-^)q

昨日も今日も夜半から雨。

連日深夜までの3人宴会も祟って朝は起きられない。

結構肌寒いし… (@_@)

釣り時間も短く漁獲も揚がらない。

 ((φ( ̄ー ̄ )

今朝も8時過ぎに起床。

「釣りせねば!」

σ( ̄∇ ̄;)

危機感に襲われた海坊主とSZ木はほんの小一時間の隙をついて、車で数分の花時名のリーフへ。

リーフ内のタイドプール。グラブをキャスト、あるいは足元の岩陰をと、SZ木は攻めに攻める。

SZ木躍動!

ニバイ (オオモンハタ) 21cmをゲット!

ゴンザレスSZ木の面目躍如!

さらにニバイ18cmをもキャッチ(これはリリース)し、花徳水産の稼ぎ頭の地位を不動のものとしたのだった。

   海坊主

新規釣り場で p(^-^)q

新規だったっけか?

平土野から秋利神川に行く途中の千間海岸。

ぱっと見、なんか不毛そうなんだよね。

6~7年前に一度来たことがあったんだけど、潮時も悪かったのか、釣り場がなさそうに見えて、なんにもしないでスルーして忘れちゃってたんかも?

ま、とにかくリーフの岩陰のニバイを狙って見ると… (*^O^*)

ちっちゃいけれどポツポツと。

海坊主、ニバイ5ヒットの3キャッチ。されども15cm以下ばっかりのオールリリース。これはカンモンハタ15cm,

リリースサイズばっかり。

 σ( ̄∇ ̄;)

とにもかくにも新規釣り場で漁獲を揚げたんだから、ここも征服。

赤平鈴水産改め、花徳(けどく)水産ほとんど徳之島全島征服か?

 o(*⌒―⌒*)o

んで、夜は昨日のギンガメアジ40cmの刺身とその端切れで作ったなめろうでお祝いだぁー!

左下がなめろうです。納豆ではありません。

 O(≧∇≦)O

   海坊主

強風波浪注意報!(@_@)

昨日からずっと北寄りの冷たい風が吹き荒れている。

昨夜は悲観的に「天気が良くて元気があったら釣り行きますかね?」

 ( ̄∇ ̄*)ゞ

一応5時起床。

AK柴ははなっから起きる気無し。

海坊主とSZ木は肌寒い小雨をついて松原漁港へ。

その山越えの途中…

 (@ ̄□ ̄@;)!!

おおーっと、土曜日に続いて2匹目のアマミノクロウサギと遭遇!

SZ木 good job !

これは吉か?凶か?

ん~~~… 大凶!m(。≧Д≦。)m

!Σ(×_×;)! 風が強くて釣りにならん!

午後改めて松原漁港に行ってはみたものの、やはり強風で断念。

風裏を求めて太平洋側の山漁港へ。

思惑通り風は弱く、思惑外れに魚はいない。

南川漁港へと転進。

ここに来てアマクロちゃんのご利益が!

ここの港内リーフがちょうど際に立てるおあつらえむきの水位。

リーフの際に立つとすぐにググンと深い。
思いっきりミノーを遠投すると…
一日中冷たい北寄りの風が吹いて、ほとんど冬の釣りって感じ。それでもひたすら頑張ったんだよ~~~
    O(≧∇≦)O

海坊主、ギンガメアジ40cm ゲット!

アスリートミノー12cm ガッツリだ!

これ釣りに来てんだよぉー!

 (((o(*゚∀゚*)o)))

  海坊主