便りが無いのは… f(^_^)

無事の便り。(^_^)v

アップが無いのは…

アップアップ… (@ ̄□ ̄@;)!!

3日前の二人の熱い決意は、雨に水を注されるは、寒気に凍りつかされるはで、シューンと縮こまってしまった。

そもそも一昨日の冷え込みは尋常ではなかった。

数字上では15℃を下回っただけというが、AK柴はトレーナーを着込んで靴下履いて、タオルケット(?)ぐるぐる巻き!

海坊主はとうとうフリースの毛布を引っ張り出してくるまってしまった。

「あったかぁ~…」(  ̄▽ ̄)

もっと早く出してりゃ良かった。

が、これで海坊主は安眠惰眠、熟睡して夜明けにも、6時のサイレンにも目を覚ますことはなかった。

「5時に起きてテレビ見て30分待ってたんですけど…」

AK柴はそう嘆いてみせたが、海坊主を起こそうともしないで二度寝を決め込んだところをみると、寒さに尻込みして、全く出掛ける気はなかったようだ。

その夕方、日没を挟んで小一時間、松原漁港、… 何も無し。(T_T)

その夜から雨。

昨日の朝もだだ降りの雨。

 ((φ( ̄ー ̄ )

5時に目覚めてジョボジョボビジャビジャ雨音を聞きながら、海坊主は、「ジュヌビエーブ・ビジョルド」を思い浮かべていた。

映画も「雨の訪問者」だったっけ?

一日雨の予報。

何するでもなく、昼寝したり、ミステリ読んだり、ただただ寝っ転がってぐたぐだしていた。

その夕方、日没直前に雨が上がった。

それっ!とご近所の山漁港へ。

日が没して真っ暗になるまで小一時間。 … 何も無かった。(ToT)

今朝は晴れ。15℃の冷え込みにも慣れた。5時に起きたAK柴はぬくぬく安眠中の海坊主を叩き起こした。

日の出を挟んで小一時間。松原漁港… 何も無し! !Σ(×_×;)!

松原漁港横の港川。朝日が目に滲む。… 心が痛い。

ラストスパート決意3日目の今日ここまで、釣りをしたのは3時間足らず。

とはいえ、しっかし何も無いなぁ~…。

ここまでなんにも無いとはなぁ~…。

貴重な晴れの日曜日は洗濯、お掃除、蒲団干し。

帰りの準備を始めねば。

今日の夕方と、明日の夜明け。

最後に何かあるかなぁ?

 σ( ̄∇ ̄;) 海坊主

月が変われば (^_^)v

ツキも変わるか? o(^o^)o

釣れず、釣れる気配もなく、何の打開策も見出だせなかった我々… 刀折れ、心も折れた3月の最終週… (T_T)

新年度だ。σ( ̄∇ ̄;)

お魚さんには関係無いか?

 ( ̄∇ ̄*)ゞ

さぁーどーしよう? ((φ( ̄ー ̄ )

海坊主とAK柴は相談した。

可能性の高いのは何処か?

魚の居るのは何処か?

ここまで実際に釣れたのは松原漁港。

ギンガメアジ35cmとロウニンアジ66cmが釣れている。

潮回りからすれば、夕暮れ時に狙うのはここしかない。

決定! o(*⌒―⌒*)o

問題は夜明け前の行き先だ。

天気予報ではこれから4~5日は冷え込みそうだ。徳之島で最低気温15℃の早起きは辛い。!Σ(×_×;)!

まだ全く釣れていないが、ベイトフィッシュが入っている山漁港はどうだ?

昨年のこの時期には一番実績の上がったポイントだ。

その昨年と比べてもベイトフィッシュの濃さは確実に上回っている。

漁港奥のスロープのある岸壁側の水面で、ピチャピチャとライズする数十匹の小魚の姿が見える。

その下にはなんと、目測で縦3~4m、横7~8mほどにも及ぶベイトフィッシュの黒々としたかたまりが!

体長15cmを上回る魚体が数千、いや数万もの群れをなして泳いでいる。

夜明け。ライズする小魚の姿が見えた。その下には数限り無い小魚の巨大な魚群が!彼らはスロープから砂浜側の角まで30~40mの岸壁沿いを小一時間かけて往復していた。

だが、何者かに怯え、追われている様子は見えない。

ヒラアジはいないのか?

アタリはあった… この2週間で3~4回だが… 。!Σ(×_×;)!

港内に入っている個体数が絶対的に少ないのか?

だがこれからは? 明日は?

ベイトフィッシュがいること。大型ヒラアジが接近する最大の動機ではないのか?
山漁港のスロープ岸壁に奴らは来る!

最後の4日間、夜明け前の山漁港、日没後の松原漁港、ここに賭ける!

  ((φ( ̄ー ̄ ) 海坊主

普通の3月?σ(^_^;)?

4日ぶりに小さなニバイをゲットした年度末最終日の3月31日(火)。(((^_^;)

海坊主は調子に乗って、いや調子を取り戻そうと、昼寝の時間も惜しんで、時折そぼ降る雨をものともせず湾屋川へと向かった。

まずは河口の大物狙い。

ひとときオカズ釣り師から、夢見るポンコツ親爺に変身した。

おおっ!大物? エソ28cm … 大きなエソ!
プラグ換算サイズ13cmクラスのミノーシェイプ超ロンググラブ… 3/8oz ジグヘッドリグで遠投、ボトムバンプで ” アラ ” とか釣れないかなぁ~… と思ったんだけどなぁ。

夢は夢かぁ~… ( ̄∇ ̄*)ゞ

帰りがけには岩陰のオカズを狙って足元にゲーリーグラブをポットンポットンと…

いかにもいそうな岩陰からグラブに食らいついて来たのは17cmのオコゼ!
 O(≧∇≦)O ゲェ~ットォ~!

ま、普通の3月って、釣れた日は (釣れたって言っても) こんなもんじゃなかったかなぁ? f(^_^)

   海坊主

漁獲自粛…σ( ̄∇ ̄;)

してねーし!(@ ̄□ ̄@;)!!

だいたい天気悪くてろくに釣りして無いから。( ̄∇ ̄*)ゞ

それだけじゃないか?

魚少ない?

この時期にしては意外とベイトフィッシュが群れでいて、んじゃぁそれ食いに大型ヒラアジが… いてもいいんじゃない?

自他共に認める「ミノーリトリーバー」AK柴。p(^-^)q

ここまで13年間○○のひとつ覚えでミノーを引き倒して来たAK柴だが、今回はまだ26cmのニバイ1匹、それもグラブでのヘチ釣りでときたもんだ!

「一週間くらい前にアタリがありましたっけ…」

遠い目をして語るAK柴。(ToT)

いや、他人事じゃない海坊主。

 (; ̄ー ̄A

27日にオカズ釣り師復活の狼煙を上げた… かに見えたニバイ5匹ゲット以来、オカズ専科での漁獲も揚げられず、悶々の日々が続いている。

今朝はなんとか5時起き。

雨もよいの真っ暗どんより曇り空。松原漁港への山越え道にアマクロちゃんも姿を見せない。

お魚さんの姿も無い… (@_@)

ものの30分で諦めて、諦めついでに実績の無い、期待も無い与名間漁港へ。

10分ミノー引いて、帰りがけ岸壁沿いにパドルテールグラブをポットン。

4日ぶりに魚。( ̄ー ̄)

ニバイ15cm ゲ~ットォ~…!Σ(×_×;)!

これが言いたかったの?

淋しすぎるぜ海坊主… (T_T)

   海坊主

青い鳥狩り (^o^;)

えっとぉー、雨の隙を突いてオカズ釣りに行ってはみたけど干潮時の花時名のリーフにぃー。

 ((φ( ̄ー ̄ )

なんかやっぱり魚は釣れなくて。

でもオカズ釣り師改めオカズ採り師の海坊主は諦めない。p(^-^)q

魚に30分で見切りをつけると、ほんのすぐそこ、足元にいる青い海藻を狩りにいったのだ。

あ、おーっさ、おーっさ、あおっさほいさっさっ! !Σ(×_×;)! … ってどんな乗りなんだか?

アオサ採りである。

岩にこびりつくアオサ。思うようには簡単には採れなかった。

しかし猿も地道に進化した。

道具を使うことを学んだ海坊主はしっかり収穫を得た。

おおっ!指で摘まんで採ってではろくに採れず、イライラが募っていた海坊主だが、突然現れたモノリスに触れた瞬間!閃いた?f(^_^)

明日からの食生活に光が射した瞬間だった! o(*⌒―⌒*)o

ま、さしあたり今夜は、賞味期限を過ぎてしまった肉を喰らわねば!

恒例、庭のウッドデッキで炭火焼き七輪ディナーである。

まずビール。飲みかけの白を空けたら赤ワインでねっちりと。( ̄ー ̄)

これが徳之島だ!っちゅう至福のひととき。

東京に帰るだの、都市封鎖だのなんだの、さしあたり忘れられる思考停止のひとときである。

  ((φ( ̄ー ̄ ) 海坊主

ウサギも駄目です!!Σ(×_×;)!

26日お昼の時点でアマクロちゃん (アマミノクロウサギ) 9頭目撃に対してお魚ゲットが6匹。(((^_^;)

でも日没後の帰りの山道でアマクロちゃん (今回の徳之島遠征で10頭目) を目撃。

で、(ウサギさんのおかげで?)翌日オカズ釣り師復活のニバイ5匹ゲットすることができて、この時点で10対11のお魚の勝ち!

アマクロちゃんありがと!これでこれからは間違い無しの安泰極楽悠々自適!な~んの不安も無いんじゃぁ~!

 O(≧∇≦)O

… だったのはほんのひと時のこと。

夕まずめ狙いの松原漁港(なーんも無し…)。帰りの山越え道で、なんと!アマクロちゃん続々連続4頭目撃!

(⌒0⌒)/~~ オー・マイ・ガー!

おー!これは明日からの大漁入れ食い釣り放題のお知らせに違いない!

… 大間違い!m(。≧Д≦。)m

そこから3日間、なーんもなし!

 (@ ̄□ ̄@;)!!

タヌキだろうが、ウサギだろうが、なーんも無しったら、なーんも無しだ!

神も仏もあるものか… ((φ( ̄ー ̄ )

   海坊主

海軍、ヤマに登る!

久しぶりの渓流だ。

解禁いらい、ほぼ一月とかなりでおくれたが、勇猛な海軍にヘチマもない?!

今回は、恐るべき、国際法違反の生物兵器ブドウ虫三号を使用しての仁義などない戦いである。海坊主には内緒。

荒川、チョロ流れ

3月27日、矢板の荒川、水無し、サカナ無し!

ホント、チョロ流れで、魚はほぼ釣りきられたな。つぎ!鬼怒川本流。

佐貫堰堤

本流は川に到達するだけで、何度も足をくじきそうになった。

たるんどりますっ!この広大な川にサカナがいるようにするには、20トンは最低必要だな。川を歩いだだけで後ろへ向かって、突撃!?

ほかもまわってみたが、車から🚘水のあるところまで遠いったらありやしなあい。もう、イヤっ!

ダブルハンドルのフライキャストの訓練で終了。

それでも、わたしは負けない。

とうとう、日光、大谷川まできてしまった

なぜだ!大谷川は、ごうごう流れ。

予想に反して、流れメチャ強し。

海坊主さんの○港、強風!移動するもさかななあああしぃ!の徒労感を味わうことができますた!本官は本望です

あのう、行く時たぬきみたんだけど、ウサギじゃあないと釣れんのか?海坊主さんおせーて?

たぬきじゃあダメなんですか?

以上、報告終わり!

魚釣るより… (^_^)v

今朝は3日ぶりに5時起きで、山漁港砂浜中央堤防へ。

20cm前後のベイトフィッシュの群れが相変わらず港内を回遊しているが、それを追っているはずの(いてもいいじゃん!)大型魚の姿は無い。(T_T)

夜明けになって釣れる気もせず、小一時間で早々に上がり。(((^_^;)

今日は昼頃から雨の予報なので、もう釣りができないとなれば、この3日間で釣り時間はたったの5時間!

おまけになーんも釣れとらんし!!

 (@ ̄□ ̄@;)!!

徳之島籠城があながちジョークや妄想でもなくなって来た今、食料問題が大問題!?

 σ( ̄∇ ̄;)

でも大丈夫なのかも徳之島。

今がこれまた収穫期真っ盛り、徳之島のジャガイモ ” 春一番 ” 。

「近くに来たら取りに寄って」

と言ってくれていたお知り合いの家に行ったら、袋にどっさり入れてくれた。

種芋は北海道産。徳之島の肥沃な赤土で育った”春一番”は、形は大振りの男爵芋だが、煮崩れしない、ややねっとりした食感はメイクイーンに近いかもしれない。

ゴロゴロじゃがいも10kg オーバー!

しかし根が小心者の海坊主、人に頼ってばかりでなく、自己調達できる物はないかと考えると… σ( ̄∇ ̄;)

ありました!

またまたこれまた今が旬の ” アオサ ” 。

幸せの青い鳥はあなたのすぐそばにいたでしょ?

我々の幸せの青い海藻は、我々の足元にとりほーだい!

前泊漁港。岩の緑はぜーんぶアオサ。与名間にもあったし、花時名にも!アオサあちこち取りほーだい!

もう、味噌汁飲みほーだい!

あ、天婦羅だって揚げほーだいだ!

 O(≧∇≦)O 海坊主

徳之島疎開?((φ( ̄ー ̄ )

4月に入るとありそうだけど、小池おばさんが都市封鎖したらどうなるのかな?

4/8 には那覇から羽田空港に帰る予定なんだけど、そのままどっかの施設に連れてかれて隔離されるとか?

そもそも東京に入る交通機関すべて運行止められるとか?

東京にメールするとみんなが徳之島にいる方がいいって言うし… 。

まぁ、AK柴も海坊主も特別東京に用がある訳じゃないからいいけど… 。

 ( ̄∇ ̄*)ゞ

昨日の朝飯。煮付けがあって、なんかぐっと見映えが良くなったでしょ!

オカズ釣り師復活で魚の調達にも目処が立ちましたしね。(^_^)v

とはいえ天気には勝てなくって、昨日今日は雨で朝は釣りに行けず。(・・;)

隙を突いて日中、夕方に出てはみたものの、2日間で釣りができたのはたったの4時間。

一昨年の秋の台風被害でずっと通行止めだった鹿浦漁港は2年ぶり。東京は雪?AK柴は上半身裸で釣りしてますが… (((^_^;)
鹿浦漁港から5分の前泊漁港。今日はずっと短パンTシャツで釣りができた。p(^-^)q

2日間でな~んも無しの釣り4時間。

 (@ ̄□ ̄@;)!!

それでもやっぱり徳之島!

道端の無人スタンドで売っていた真っ赤な完熟トマト。6個で300円!(*^^*)
徳之島の海水を煮詰めて作られた ” ましゅ” でいただくと、もー絶品!O(≧∇≦)O

なんとかなりそな徳之島!!

「知り合いに赤い魚貰ったから」

AK柴のご親戚から電話があって… 。

帰ってみたら冷凍庫に「赤い魚」が!
赤ハタ?ともう1匹もハタ?アラ?
いずれも尺物じゃあ~ 。(^-^)/

ん~ !σ( ̄∇ ̄;) オカズ釣り師としてはいささか忸怩たる思いはありつつも、薄造りにして、刺身で、しゃぶしゃぶで、有り難く美味しくいただきました!

4月いっぱいいよーかな?

   海坊主